1対1のディフェンスでボールを奪うために必要なこと

ではどうしたら1対1のディフェンスでボールを奪えるようになるのでしょうか?

ボールを奪うために必要なことは、簡単に言ってしまうと、 ディフェンス側が主導権をにぎる ということです。

先ほど、サッカーにおいて、主導権を持っているのはオフェンスという話をしました。

そのオフェンスに自由にどんなプレーでもできるような状況を作ってしまっては1対1のディフェンスでボールを奪うことは難しくなります。

しかし、あえてそのオフェンスに主導権を握らせているという感覚でプレーすることができれば、ディフェンスでも主導権を握ることができるのです。

あえて 相手を泳がせておいて、罠にしかけてボールを奪いに行くというイメージ です。

これが、1対1のディフェンスでボールを奪うために必要なことです。

今回紹介したコツは、相手がもドリブルに入ってしまっている場合の1対1の局面です。

基本的には、相手が持っているボールを奪うには、相手の近くにいないといけません。

ですので、まずはボールを持つであろう相手に、パスが出ることを予測してボールの移動中になるべく寄せることが大切です。

相手に近ければ、相手のスピードを殺すことができますし、制限をかけて選択肢を減らしてボールを奪うことができます。

しかし、相手がもうボールを持ってしまって、いい体勢でドリブルに入ってしまったら、今回話したようなディフェンスを試してみるのもいいと思います。