明けに10年ぶりに液晶テレビを買い替えました。今まで使っていたのは結婚した2005年に35万円で買った32インチ液晶テレビ。新しい住まいになり1インチ1万円を切ったので思い切って買ったのを覚えています。(ポイント10%で実質32万円)

さすがに10年使うとムラはでてくるし、消費電力も大きいし。画質も・・・。

10年前のSHARP AQUOS 32インチ。ベゼル(額縁)広いっ!幅分厚い!重い!(写真ではわかりませんが)

新しく買ったSONY BRAVIA 40インチ

ベゼル狭いっ!幅薄いっ!軽い!(写真ではわかりませんが)

テレビ番組はリアルタイムではほとんど見ないもののやはり無いと困ります。

事前に入念に下調べをしてから買うタイプなので、徹底的に調べました。価格コム、Amazonレビュー、その他ガジェット系のブログや家電批評雑誌などを読んだり実際に量販店の店頭をはしごしたり。雑誌はスポンサーの影響があるのであまりアテにはなりませんが一応参考に。一週間以上調べました。

世間では4Kテレビが値下がりしてて買い時みたいなことが言われています。私はアーリーアダプターなので今まで多少高くても新しいものを買ってきました。ただ、最近はそういう製品に飛びつくよりも価格のこなれた売れ筋ランキングの上位の製品を買ったほうが賢いと感じていますので、今回も色々検討しました。

そして辿り着いた結論は 「ほとんどの環境では4Kテレビはまだ不要」 ということです。
メディアに踊らされて高いテレビを買うのは賢い選択ではないようです。ただし4Kを選んだほうがいい環境の方もいらっしいますので、要る、要らないをわかりやすくまとめてみました。個人的見解なので、参考程度にしていただければ幸いです。